投稿日:2021年10月14日

外壁補修が必要になる目安とは?

「外壁がどのような状態になったら外壁補修を依頼すればいいのかな?」
このように考える方もいらっしゃるかと思います。
あまり目立たないような傷やひび割れでも油断してはいけません。
今回は外壁補修が必要になる目安をテーマに情報をお届けいたします。
ぜひ、最後までご覧ください!

外壁補修のサイン


外壁の補修が必要になる劣化サインはいくつかあります。
一般的に住宅を建ててから10年経つ頃がメンテナンス時期といわれていますが、ここからご紹介する破損が出ている場合には速やかに補修が必要です。

ひび割れ

外壁のひび割れは、補修を行うべき劣化サインです。
ひび割れの幅や深さによって、劣化の度合いや補修方法も変わってきます。
幅が0.3ミリ以上、深さが4ミリ以上のひび割れの場合、ひび割れが下地まで達している可能性もあります。

欠損・へこみ

外壁に欠損やへこみがある場合は、その都度補修をオススメいたします。
築年数が経過すると劣化により台風や地震などの天災の影響を受けやすく、欠損やへこみが発生しやすくなります。
強風で住宅に飛来物がぶつかったり、自身が発生した際には注意深く点検を行いましょう。

目地のコーキングの傷み

外壁建材のつなぎ目のコーキングが傷んでいる場合には、補修を検討しましょう。
コーキングは外壁同士のつなぎ目や、窓枠の目地に埋められている樹脂製のゴムのような部材です。
コーキングに細かい亀裂や縮んで目地に隙間がある場合は劣化のサインです。
コーキングの補修には、古くなったコーキング材を全て撤去して新しくコーキングする方法と古くなったコーキングの上から新しいコーキング材を打ち込む2つの方法があります。
コーキングは、外壁同士がぶつかって破損しないためのクッションの役割と目地からの雨水の侵入を防ぐ重要な役割を持っています。
そのため、補修や定期的なメンテナンスが必要です。

表面の剥がれ・ふくれ

外壁の表面のふくれや剥がれがある際は、外壁表面の塗膜が劣化しているサインです。
塗膜は、雨水や紫外線から建物を守る役目を果たしています。
塗膜の劣化を放置していると、本来は塗膜で保護されている外壁材が雨や紫外線のダメージを直接受け、外壁材そのものが傷む恐れが高まります。

サイディングの浮きや反り

サイディングとは外壁材の一種です。
そのサイディングに浮きや反りがある際にも注意しましょう。
年数が経ったサイディングは、紫外線や雨水の影響で変形したり、反り返ったりなどの状態になります。
劣化による変形に耐えられず最終的にサイディングが割れてしまう可能性もあることから、浮きや反りを発見した場合には取り替えが必要です。

外壁補修のことならビバテックまで!


外壁工事に関する困りごとはありませんか?
外壁材の劣化が進むと内部構造物に水が浸入してしまい、住宅の劣化スピードを上げてしまいます。
そうなる前に、ひびや欠損を発見した場合には、速やかに補修することをオススメいたします。
外壁に関するご相談は、ぜひ弊社までお寄せください!
また、弊社は防水工事も得意とする業者です。
雨漏りなどが発生している個所や状態を正確に見極め、住宅に合った最適な防水工事をご提供します。
外壁工事や防水工事に関して、お気付きの点やご依頼がございましたら、ぜひ一度ビバテックにご相談ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

ビバテック
〒593-8312  大阪府堺市西区草部1617-1
TEL/FAX:072-349-7902


関連記事

施工実績2

施工実績2

新しい仲間を募集しております!

新しい仲間を募集しております!

はじめまして! ビバテックです。 弊社では、大阪府堺市を拠点に、マンションや公共施設などにおける防水 …

劣化の状態を正しく診断!外壁補修・修繕のプロ『ビバテック』

劣化の状態を正しく診断!外壁補修・修繕の…

こんにちは!大阪府堺市のビバテックです。 弊社は、外壁および漏水の調査・施工、シーリング工事などを請 …

お問い合わせ  採用情報